★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2009年05月29日

5/28発表声明「2009年5月28日原爆症認定集団訴訟 東京1次・東京高裁判決について」

高裁前で判決を待つ

 東京反核医師の会は、5月28日の原爆症認定集団訴訟 東京1次訴訟・東京高裁判決につきまして、以下の通り声明を発表しました。
 一連の訴訟における18回目の判決も、やはり原告勝訴の内容となりました。国には、これまで集団訴訟解決を長引かせてきた責任を痛感し、一刻も早い解決に向けて今度こそ動き出してほしいものです。
 そして、これまで臭いものに蓋をするように、「あの戦争は何だったか」という議論を避けてきた日本全体においても、この裁判を一つの契機として、戦争と平和を真剣に見つめ直そうとする世論が広く共有されることを切に願います。
≪東京反核医師の会 声明≫
2009年5月28日 原爆症認定集団訴訟
東京1次・東京高裁判決について

 
 これまで6年にわたって争われてきた原爆症認定集団訴訟において、5月28日、大きな節目になるとも目されていた東京1次訴訟・控訴審判決が行われた。すでに報道のとおり、東京高裁は原告11人の申請疾病について、1人を除く10人の却下処分を取り消す、すなわち原爆症と認定するという判断をくだし、ほぼ原告勝訴という結果となった。これで国は、一連の原爆症認定集団訴訟において18連敗となる。

 今回は、「新しい審査の方針」で認められていなかった、遠距離被爆者のがんや非がん疾患についても放射性起因性を認めている。
 特に、「積極認定は半径3.5q圏内」という国の基準に対し、半径5q圏内被爆が認められたことは大きい。各地で同じように「距離」という基準により、理不尽な線引きをされてきた被爆者にとっても、朗報であろう。
 また、前立腺がんや下咽頭がんや、甲状腺機能低下症やバセドウ病など、放射性起因性が明らかでなかった疾患、さらに慢性C型肝炎についても、肝炎ウイルスと原爆放射線の共同成因説を採用し、放射線起因性を肯定している。
 残念ながら、敗訴となった1人についても、残留放射線の可能性については認められている。

 さらに注目すべきは、甲状腺疾患や慢性肝疾患を除外している現行審査のあり方の誤りを言及したうえで、基準の見直しを迫る内容となっている点である。
 今回の判決では、「放影研の疫学調査の結果以外の学問的な成果をも考慮に入れて放射線起因性の有無について審査すべきである」として、総合的判断を尊重した。「審査の方針には問題があり、原爆症認定の判断基準として適格性を欠く」と述べるなど、国の姿勢に対する言及がこれほど行われたことは、原告団にとっても予想以上の画期的な判決となった。

 医師団として意見書提出などに協力をしてきた東京反核医師の会としても、今回の判決を高く評価するものである。
 医学は人の命を救う究極的な術ではあるが、いまだ未知の領域が多く、すべての病の起因性を科学的に解明するには不十分なところも多い。しかし、「分からないから認定しない」といって、必死に病とたたかってきた被爆者を見捨てることは、人として許されることだろうか。
 われわれ医師が病に苦しむ被爆者を目の前にして何ができるかと考えるとき、なせることはわずかでも、医療者として最後まで彼らの傍に寄り添い、ともにこれからの被爆者医療向上と、核兵器のない平和な世界を実現するべく努力を続けていくことが第一の指命であると考える。

 原爆によって心身ともに生涯消えない傷を負わされた被爆者が、戦後64年経ってなお、苦しみ続けなければならないのは、戦争と平和の実態を突き詰めることに目をつむり、過去との対話を避けてきた、戦後日本の姿勢の弊害にほかならない。
 2003年に始まった集団提訴開始以来、原告のうち68人が惜しくもこの世を去っている。いずれも、戦争と原爆を恨み、国の姿勢を嘆き、それでも自分たちの主張が認められることを願って、息を引き取られたと聞く。
 もう二度と、被爆者が「悔しい」と泣きながら死んでいくことのないように、国・厚労省には、今度こそ、原爆症認定集団訴訟の一括解決と認定基準の見直し、そしてすべての被爆者の救済を強くここに要望する。

2009年5月29日
核兵器廃絶・核戦争阻止 東京医師・歯科医師・医学者の会
(東京反核医師の会)
代表委員  向山  新
渡辺 吉明
片倉 和彦
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【連絡先】 〒160−0023
 新宿区西新宿3−2−7 パシフィックマークス西新宿4F 東京保険医協会内
 TEL 03−5339−3601 / FAX 03−5339−3449
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:26| Comment(0) | 私たちの考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする