★原水禁2017年世界大会 in 長崎★
8/7〜9、現地からのレポートはこちら

2015年12月01日

第9回核戦争防止国際医師会議(IPPNW)北アジア地域会議のお知らせ

 第9回核戦争防止国際医師会議(IPPNW)北アジア地域会議のプログラムが決定したようですので、お知らせします。

【会議名】第9回核戦争防止国際医師会議(IPPNW)北アジア地域会議
     HICARE被爆70年事業 国際シンポジウム
     (原子爆弾被爆者指定医療機関等医師研究会)
【日時】2016年2月27日(土)14:00〜17:50、28日(日)9:00〜15:00
【場所】広島県医師会(広島市東区二葉の里3‐2‐3)
【テーマ】原爆被爆70年 −核兵器廃絶へ新たなる決意−
             −被爆者医療体験の継承と国際貢献−
【共催】核戦争防止国際医師会議(IPPNW)日本支部、
    放射線被曝者医療国際協力推進協議会(HICARE)、広島県
【後援】厚生労働省、広島市、日本医師会、広島県医師会、広島市医師会、
    広島県歯科医師会、広島県薬剤師会、広島県看護協会

【プログラム】
◇2016年2月27日(土)
14:00〜 開会式
14:45〜15:25
・基調講演
 講師:フレッド・メトラー(ニューメキシコ大学医学部教授)
 座長:土肥 博雄(日本赤十字社中四国ブロック血液センター所長、前HICARE会長、IPPNW日本支部理事)
15:40〜17:50
・国際シンポジウム 「原爆被爆医療体験の継承と国際貢献」
パネリスト(予定):
  児玉 和紀(放射線影響研究所主席研究員、HICARE幹事)
  クリス・クレメント(ICRP事務局長)
  神谷 研二(広島大学副学長、HICARE理事、IPPNW日本支部理事)
  権丈 雅浩(広島がん高精度放射線治療センター副センター長)
司会:津谷 隆史(広島県医師会常任理事、HICARE代表幹事、IPPNW日本支部国際副評議員)
シンポジウム 閉会挨拶:丹羽 太貫(放射線影響研究所理事長)
18:00〜 懇親会(立食)

◇2016年2月28日(日)
9:00 〜9:45 IPPNW北アジア地域会議総会
10:00〜12:00 
・シンポジウム「核兵器廃絶と北東アジア非核兵器地帯」(仮題)
コーディネーター:
  朝長万左男(日本赤十字長崎原爆病院名誉院長、IPPNW副会長−北アジア地域代表)
  片岡 勝子(広島大学名誉教授、IPPNW日本支部事務総長)
13:00〜14:30
・被爆医師および被爆􂚒世医師のセッション(仮題)
コーディネーター:
  檜山 桂子(広島市医師会常任理事)
  佐々木 達(広島市医師会常任理事)
14:30〜 閉会式
* 2日目(28日)の演者については12月開催の運営委員会での承認後に発表の予定です。

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 17:55| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする