★原水禁2017年世界大会 in 長崎★
8/7〜9、現地からのレポートはこちら

2017年06月30日

原子力研究開発機構の被曝事故について

 茨城県大洗町にある原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」内で、6月6日、放射能の入った容器から中身が漏れ、現場にいた作業員が被曝する事故が起こりました。5人が巻きこまれ、4人が内部被曝しており、もう1人も内部被曝の疑いが強いと報じられました。
 一時は最も被害を受けた作業員の被曝総量は最大36万ベクレルとも伝えられていました。現在は作業員の健康状態に異常がないことが確認され、全員退院したと報じられていますが、経過観察中であり、現在も療養を続けていると報告されています。東京反核医師の会は、作業員の被曝の影響を評価するために今後も経過観察を続けること、また、被曝した作業員へ十分な補償を求めます。

 また、以前からずさんな管理体制の下で放射性物質が扱われていたことが指摘されています。すでに、作業員が点検していた容器は密閉されてから26年間1度も点検が行われていなかったことや、顔を覆うマスクが顔の半分しか覆わない半面マスクだったことなどが報じられています。放射性物質は、作業員の方の健康や生命を一瞬で奪いかねず、取り扱いにあたっては細心の注意と、厳重な管理体制が必要なものです。
 東京反核医師の会は、現実に起こってしまった今回の事故の、徹底した原因究明と再発防止策を政府と原子力研究開発機構の責任で行うことを求めます。併せて、このようなずさんな管理体制を生み出した原子力行政のあり方をあらためて問い直すものです。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 17:17| Comment(0) | 私たちの考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

8/11「第13回奥多摩平和のための戦争展」のご案内

8/11に奥多摩平和のための戦争展が開催されますので、ご案内します。
東京反核医師の会の代表委員の1人である片倉和彦医師が実行委員長をつとめています。

皆さんは戦時中、神津島から奥多摩への疎開が行われたのをご存じでしょうか。
今回の戦争展では、疎開の体験について当事者の方々にお話しいただきます。
貴重な機会ですので、お時間のある方はぜひお越しください。

第13回奥多摩平和のための戦争展 概要
【神津島から奥多摩への全島疎開】

2017年8月11日(金祝)10時〜12時
奥多摩文化会館(青梅線古里駅徒歩5分)視聴覚室
参加費:無料
主催:第13回奥多摩平和のための戦争展実行委員会(実行委員長片倉和彦)
後援:奥多摩町教育委員会
社会福祉法人奥多摩町社会福祉協議会
一般社団法人奥多摩観光協会
協力:奥多摩町

プログラム(予定)
1:奥多摩町への疎開の体験談
【杉山昭子さん】
【堀口光代さん】
2:神津島から奥多摩への全島疎開
【神津島村教育長石野田博文さんのお話】
ビデオ出演
【梅田千代子さん:じゃがいもばかり食べていた。〜暗いトンネルでぽたぽた水がたれていて】
【稲葉クニ子さん:水車小屋で淋しさを紛らして〜疎開先の地元の子だった七さんとの再会】
【梅田武男さん:寒かった。冬まで続いたら死ぬと思った。〜砂利仕事のいちばん危険なところは朝鮮人がやっていた】
3、戦争体験を語る
  【原島義金さん】
【Fさん】

奥多摩町は新宿からJR中央線、青梅線で約1時間半ほどと少し遠いですが、
豊かな山川に恵まれ、夏でも比較的涼しい場所です。午前中に戦争展にご参加いただき、
午後はゆっくりと自然を満喫していただくのも良いかもしれません。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 10:13| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

5/26「核も戦争もない世界を!」特別試写会&原水爆禁止世界大会の分科会「映像のひろば」打ち合わせに参加しました。

IMG_2311.JPG
梅雨の季節になりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

1月以上前のことになりますが、5/26、全労連会館で、「核も戦争もない世界を!」DVD製作普及委員会主催の、特別試写会に出席しました。上映作品は@「永遠なる平和を〜原水爆の惨禍〜」(1954年)、A「戦争のない世界を 第3回原水爆禁止世界大会―1957東京―」(1957年)、の2本でした。
内容は、以下のとおりです。

・「永遠なる平和を〜原水爆の惨禍〜」
 1954年3月1日、アメリカ・ビキニ沖の水爆実験にて、日本の遠洋マグロ漁船第五福竜丸などが死の灰を浴び、乗組員の久保山愛古氏らは、急性放射能症と診断されました。政府がアメリカの核実験に協力を表明するなか、平和を求める人々は原水爆禁止署名運動をはじめ、ついに3000万筆の署名を集めます。
・「戦争のない世界を」
広島長崎の原爆被害から12年、被爆者は死の恐怖におののき、太平洋上では核実験が続いていました。原水爆への怒りは国民的な署名活動と募金運動となって、第三回原水爆禁止世界大会が準備されます。8月の10日間、東京で開催される世界大会に全国津々浦々から、あらゆる階層の幾万もの人々が集います。壇上には自民党までもが登壇し、エールを送ります。さらに、ジョセフ・ロットブラット博士をはじめ、世界25か国、95人もの各国代表が登場し、核も戦争もない世界を訴えます。

 個人的には、特に後半の「戦争のない世界を」が印象に残りました。原水爆をはじめ、戦争の記憶がまだ生々しく残っていたこともあるのでしょう。一般の市民が代表者に声援を送る様子など、平和への想いが人々の前提の感覚になっていたのが伝わってきます。しかし、その当時の熱気が伝わってくる分、逆に「現在」の社会の冷たさや、危機的な状況が浮き彫りになって、背筋の寒くなる思いもしました(一体いつから、平和を願うことは「政治的に偏っている」などと言われるようになってしまったのでしょうか)。

 さて、今年の8月7〜9日には、原水爆禁止世界大会in長崎が開催されます。
 試写会の後、この原水爆禁止世界大会のなかで東京反核医師の会が運営に協力している、分科会「映像のひろば」の準備について、打ち合わせを行いました。
 「映像のひろば」では、有原誠治監督のコーディネートで、映画鑑賞を通じて原水禁運動の歴史を学び、世界の核被害や、福島第一原発事故について参加者とともに意見交換を行います。
上映予定作品は、以下の3本です。
このなかでも「佐一の息子」は完全新作の映画です。乞うご期待。

@「佐一の息子」
 80歳の大内佐一氏は、核放射線に2回被曝した8人のうちの1人です。1945年広島原爆の被害者は、2011年3月の福島原発事故のメルトダウンの被害者となりました。家族とともに農業を営んでいた故郷は汚染地域となり、彼らはみずからのアイデンティティを含め、多くを失ってしまいました。佐一の息子、秀一は彼の家族とコミュニティを守る責任を負います。
A「ハンヒキヴィ・ワン」
 フィンランドのハンヒキヴィ半島に、ロシアが投資する原発ハンヒキヴィ・ワン計画が浮上します。原発予定地域に家族と住むハンナは、反原発運動に立ち上がります。
 建設予定の原発の燃料は、ロシアのマヤーク核施設で再処理されたもの。この施設が垂れ流す水域の放射線量は、チェルノブイリの3倍。その実態を告発する環境保護団体の女性は国外追放となってしまいます。
B「永遠なる平和を〜原水爆の惨禍〜」
 上記参照
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 16:27| Comment(0) | 原水爆禁止2017年世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

講演会「共謀罪を絶対廃案に!」のご案内

【日時】 2017年6月22日(木) 18時30分開場 19時開演

【講演】
<第1部> 山城 博治 さん(沖縄平和運動センター議長)
「自由と民主主義を守る最前線。沖縄から今、伝えたいこと」
<第2部> 井筒 高雄 さん
(元自衛隊レンジャー隊員、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFPJ)代表)
「先島諸島への自衛隊配備で、日本がアメリカの戦争を担う日」

【会場】なかのZERO小ホール(定員500人) 

【入場料】一般1000円(要申込)

【主催】DAYS JAPAN

【協力】ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(平和を求める元自衛官と市民の会)

詳細は主催者HP https://daysjapan.net/2017/06/01をご覧ください。

講演会「共謀罪を絶対廃案に!」.JPG
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 17:27| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする