★原水禁2017年世界大会 in 長崎★
8/7〜9、現地からのレポートはこちら

2017年10月30日

10/26 10/26、向山代表世話人の講演「大田病院被爆者健診30年のあゆみ」が行われました。

 10月26日、大田区産業プラザPioにて、「大田病院被爆者健診30年のあゆみ」と題して、本会の向山新代表世話人の講演が行われました。
 この講演は民医連主催の職員後期研修会の中で行われたもので、被爆者援護法にもとづいた「被爆者」の定義から、被爆者健康診断や医療給付などの制度的な説明、また放射線の人体への影響についての簡単な解説の後、大田病院での被爆者集団健診の取り組みについて説明が行われました。

 大田病院で被爆者の集団健診が初めて行われたのは1985年です。向山医師は、研修医2年目にして集団健診の担当医に指名され、被爆者の現状や健診制度、手当の仕組みなど基本的なところから東友会の相談員の方から丁寧に手ほどきを受けたそうです。
 当時は被爆者の多くはまだ働き盛りの世代で、平日には健診を受けにくいという声を受けて、日曜日に開催することになりました。「単なる健診ではなく、私たち自身が学ぶ機会にしたい」そうした思いから、若い職員を中心に1人1人の被爆者のお話に耳を傾けました。健診の後には食事をとりながら、被爆者の体験を聞いたり、職員が感想を述べるなどの交流を行いました。その中で、被爆者の方から「身体だけでなく心まで診てもらいました」などの思いがけない言葉を寄せてもらって感激し、この経験が反核医師の会の活動に足を踏み入れるきっかけになったということです。
 健診の問診で、手当の受給の有無も聴き取り、手当を受けていない場合には相談員が病状をさらに問診して、医師が診断書の記載を行うようにしました。そうした活動の結果、健康管理手当の受給数が大幅に増加、東京都の平均を上回るようになったそうです。

 続いて、原爆症認定の歴史について解説に入りました。原爆症の認定には高いハードルがあり、国は放射線による障害に限定し、またDS86にもとづいた「原因確率」のもとに切り捨ててきました。これは、自分の病気が原爆によるものだと認めてほしいという被爆者の想いを真っ向から否定するものでした。
 2003年から始まった原爆症認定集団訴訟では、原爆による健康への影響を医療者の立場として証言する形で、協力を行ってきました。裁判の経過で、新しい審査の方針が打ち出されたものの、数字の基準で線引きを行おうとする傾向は今も変わっておらず、今もたたかいはノーモアヒバクシャ訴訟と名前を変えて続いています。
 
 現在、被爆者の年齢は80歳と高齢化して、人数も1980年の37万人から16万人と減少しています。しかし、若年で被爆した方々ががん年齢となっていることや、被爆二世の問題などもあり、被爆者医療はこれからも必要な取り組みです。「被爆者健診は、被爆者医療や平和について関心を持つ良い機会であり、若い医師・職員も巻き込んで広めていくことが必要」と述べて、講演を結びました。

 当日は、長崎で被爆した92歳の被爆者、米田チヨノさんの講演や、午後には「私たちの実践とSDHの視点」(Social Determinants of Health)と題した講演も行われ、大変意義の深い研修会でした。

 
 
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:13| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

ドキュメンタリー映画・「OKINAWA1965」

映画「OKINAWA1965」のご紹介です。
12月10日が江戸川区で先行上映された後、
2月以降、自主上映がなされる予定です。

米軍トラックによる女児轢殺事件の写真を撮影した
嬉野京子さんの沖縄取材の半世紀が描かれています。

公式HP http://longrun.main.jp/okinawa1965/index.html
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:32| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/1(水)今こそ聞こう・被爆者の声(ICANノーベル平和賞・受賞記念企画)

●日時     2017年11月1日 19:00〜20:15(開場18:30)
●場所    ピースボートセンターとうきょう
       東京都 新宿区高田馬場3-13-1-B1
●アクセス  JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分
●予約方法  予約ボタンまたはお電話にて03−3363−7561(10:00−19:00)
●講師    三宅 信雄さん
●参加費    500円
●予約申込  http://peaceboat.org/21080.html
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:17| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

11/4〜5反核医師のつどいのご案内

以前の記事でもご案内しましたが、いよいよ今年の「反核医師のつどい」まで一カ月を切りました。
核兵器禁止条約の締結、ICANのノーベル平和賞受賞などを受けて、熱い会になることが予想されます。
シンポジストとして、ICANの国際運営委員の1人、川崎哲さんも参加予定です。
ぜひ奮ってご参加ください。

詳細はこちらからどうぞ

日時:2017年11月4日(土)〜5日(日)
場所:東京・お茶の水 平和と労働センター・全労連会館2階
メインテーマ:結成30年 被爆の実相に立ち返り 核なき世界を

<11月4日 スケジュール>
14:00‐14:15 開会挨拶
14:15‐14:30 ティルマン・ラフIPPNW共同代表(ビデオメッセージ)
14:30‐15:00 反核医師の会30年の歩み 中川武夫共同代表

15:00‐17:00 シンポジウム「核兵器禁止条約から核兵器の廃絶を」
【パネラーとテーマ】
・日本原水爆被害者団体協議会 事務局次長 藤森俊希氏
 被爆者の立場から--被爆の実相--
・ピースボート共同代表 川崎哲氏 
核兵器禁止条約成立を経て、今後の動きをどう見るか
・ヒバクシャ国際署名キャンペーンリーダー 林田光弘氏
若い世代の核廃絶運動--核廃絶運動を一般化していくために--

17:00‐17:30 IPPNWヨーク大会の報告
18:30−20:30 レセプション

<11月5日 スケジュール>
9:00―11:30 分科会
第T分科会 ヒバクシャは語る ヒバクシャから学ぶ
 〜語り手〜
*児玉 三智子さん(日本被団協事務局次長)
*久保山 榮典さん(埼玉県原爆被害者協議会【しらさぎ会】副会長)
〜被爆者の相談活動に従事されてきた観点から〜
*村田 未知子さん(一般社団法人 東友会)
第U分科会 避難指示解除後の福島は今
講師:松本純医師 他

11:30―12:00 全体集会
分科会報告、まとめ、アピール採択、閉会挨拶
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:56| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

声明「ICANのノーベル平和賞受賞を共に喜び日本政府へ核兵器禁止条約の批准を求める」を送付しました

10月6日に国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞受賞が発表されたことに対し、東京反核医師の会は10月13日付で標題の声明を内閣総理大臣および各所へ送付しました。


ICANのノーベル平和賞受賞を共に喜び
日本政府へ核兵器禁止条約の批准を求める

 2017年のノーベル平和賞が、核兵器の非合法化と廃絶を目指す国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に授与されました。
 ノルウェー・ノーベル委員会は授賞理由として「核兵器がもたらす破滅的な結果を人々に気づかせ、条約で禁止しようと草分け的な努力をしてきたこと」を挙げ、北朝鮮をはじめ、核兵器を開発する国が増えている現状についても言及しています。
 ICANは2007年に、東京反核医師の会が賛同している核戦争防止国際医師会議(IPPNW)を中心に発足して以来、核兵器の非人道性を訴え、非核保有国と協力しながら、核兵器の包括的な規制、非合法化を目指して活動を続けてきました。また、被爆者団体や、多くの反核・平和団体と連携し、被爆がもたらす人体への影響を含めた核兵器の被害の実態を世界に発信してきました。
 これらの活動が国際的に評価されたことを、共に核兵器廃絶を目指して活動を続けてきた団体として、非常に喜ばしく思います。
 核戦争防止国際医師会議(IPPNW)も1985年に同賞を受賞しています。核兵器廃絶にむけて、私たち医師の果たしてきた役割は小さなものではありません。これからも東京反核医師の会は、命と健康を守る医師の使命に基づき、核兵器の廃絶を目指し、たゆまず活動を続けていく所存です。
 そして今一度日本政府には、核兵器禁止条約を批准し、唯一の戦争被爆国として核兵器廃絶への積極的な役割を果たすことを強く求めます。
2017年10月13日
核兵器廃絶・核戦争阻止 東京医師・歯科医師・医学者の会
(東京反核医師の会)
代表委員  向山 新、 矢野 正明、 片倉 和彦

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:40| Comment(0) | 私たちの考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞しました。

2017年のノーベル平和賞が、今年の核兵器禁止条約成立に貢献してきた「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に授与されることとなりました。
 授賞理由は「核兵器がもたらす破滅的な結果を人々に気づかせ、条約で禁止しようと草分け的な努力をしてきたこととされており、北朝鮮をはじめ、核兵器を開発する国が増えている現状についても言及されています。
 緊迫した国際情勢が続くなか、大変喜ばしいニュースとなりました。

 ICANという団体について、簡単に解説します。
 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN=International Campaign to Abolish Nuclear Weapons)は、核戦争防止国際医師会議(IPPNW)を母体とする団体で、2007年にウィーンで発足しました。核兵器の非合法化と廃絶を目指す国際NGOです。
 事務所はスイスのジュネーブとオーストラリアのメルボルンにありますが、各国に支部やパートナー団体を持っています。その数は10月1日時点で101カ国の468団体。日本からはNGO「ピースボート」の川崎哲共同代表が国際運営委員に名を連ねています。
 日本から参加しているのは、「ピースボート」「ヒューマンライツ・ナウ」「平和首長会議」「核戦争防止国際医師会議日本支部」「創価学会インタナショナル」「Project NOW!」そして「反核医師の会」の7団体です。つまり、私たち東京反核医師の会ともつながりがあるのです。
 ちなみに、母体であるIPPNWは1985年にノーベル平和賞を受賞していますので、見方によっては2度目の受賞ともいえるでしょう。

 ICANは核兵器の非人道性に焦点を当てる「人道的アプローチ」をもとに、非核保有国と協力し、核兵器の非合法化を目指し活動を続けてきました。人道的アプローチとは、21世紀になってから生まれた新たな軍縮の潮流で、対人地雷禁止条約、クラスター爆弾禁止条約など、他の非人道兵器の規制でも効果をあげています。
 またメディアやネットを使ったキャンペーンを展開してきたのもICANの特色の1つです。日本被団協などの被爆者団体とも連携し、核兵器の被害の実態を世界に発信してきました。「核兵器禁止条約」の前文で「ヒバクシャ」に言及する一文が入ったことも、こうした活動の結果といえるでしょう。

 ICANの受賞に対する、日本政府からのコメントはしばらく出されていませんでしたが、2日後の8日夜、「国際社会で核軍縮・不拡散に向けた認識が広がることを喜ばしく思う」との外務報道官談話が発表されました。しかし、同談話は「ICANの行ってきた活動は日本政府のアプローチとは異なる」とも指摘。ノーベル委員会が受賞発表で北朝鮮の核開発に言及したことについて触れ、「あらゆる手段により圧力を最大限まで高める必要がある」と日本政府の立場を強調しています。
 ICANのメンバーは9日、国連本部で記者会見し、条約に参加しない核保有国や日本など核の傘のもとにある国々の対応を批判しました。特に日本に対しては、70年にわたって核兵器の危険性を人類に警告し、核廃絶を訴えてきた被爆者に対する裏切りだ」と述べ、改めて条約への参加を求めています。

 我々医師の果たしてきた役割は決して小さなものではありません。これから求められる役割もそうでしょう。
 東京反核医師の会は、被爆国の医師として核兵器廃絶を前に推し進めるべく一層努力していきます。また、日本政府には核兵器禁止条約の批准と、核兵器廃絶の先頭に立つことを強く求めていきます。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:33| Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする