★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2008年08月06日

【原水禁2008年世界大会】元広島電鉄社員 被爆死者慰霊祭

080806_1053~01-0001.jpg080806_1057~01-0001.jpg

 事務局のモリです。


 昨日行われた「被爆電車に乗って」でも最後の到着地点となった広電本社の慰霊碑で、戦時中に乗員・社員だった方たちがあつまって慰霊祭が行われました。


 戦時中、男性はどんどん兵隊に取られ、車掌業務を代行したのは10代の若い少女たちでした。彼女たちは広島電鉄家政女学校に通いながら勤務していました。
 原爆の日、乗務中に亡くなった方もいます。そして、原爆から3日後の9日から、早くも走った被爆電車に乗務した人も…。


 今日は、生き残った社員のみなさんが集まり、慰霊碑への焼香のあと、昼食会をされるそうです。
 われわれは、「被爆電車」のご縁で、焼香と記念撮影のみ立ち会わせていただきました。

 どなたも目がキラキラとして、笑顔の似合う方ばかり。その目に映った地獄を思うと、その世界は私などには想像すらできないけれど、胸が苦しくなりました。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 12:19| Comment(0) | 原水爆禁止2008年世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。