★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2009年04月09日

4/9発表声明「国・厚生労働省の高知地裁判決への控訴に抗議する」

 東京反核医師の会は、4月7日に国・厚生労働省が原爆症認定訴訟の高知訴訟・高知地裁判決に対して控訴した件につきまして、以下のとおり抗議声明を発表しましたのでお知らせいたします。
≪東京反核医師の会 声明≫
国・厚生労働省の高知地裁判決への控訴に抗議する

 
 4月7日、国・厚生労働省は、原爆症認定集団訴訟・高知地裁判決に対して控訴を行った。
 虚血性心疾患について、「他の原因を軽視している」「最新の科学的知見に反する」などの問題があるとの判断を示したものであるが、一方で、「5月末までに予定されている大阪高裁、東京高裁判決などの司法判断をふまえて必要な対応を検討する」とも述べている。
 すでに一連の訴訟において16連敗していながら、今さら司法判断を仰ぐという判断にはあきれるほかない。国自ら、「行政としての独自の判断ができない」と宣言しているようなものである。
 先の千葉訴訟・東京高裁判決への上告、広島二次訴訟・広島地裁判決への控訴に対する当会抗議声明(2009年3月26日付)でも述べたように、国民の健康と生活を守ることを第一の責務とするはずの国や厚生労働省が、早期解決の道を模索せず、被爆者救済のための姿勢をみせようとしない現状は、被爆者一人一人の命を軽んじることと同義である。
 施策を打たないことはすなわち、「何もしない」ことではなく、「被爆者の命をさらに追い詰める」ものであることを、国・厚労省ははっきりと認識するべきだ。
 ゆえに、私たち東京反核医師の会は、国・厚生労働省に対し、今回の高知地裁判決への控訴に強く抗議するとともに、原爆症認定集団訴訟の一日も早い一括解決を今一度嘆願する次第である。

2009年4月9日
核兵器廃絶・核戦争阻止 東京医師・歯科医師・医学者の会
(東京反核医師の会)
代表委員  向山  新
渡辺 吉明
片倉 和彦
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【連絡先】 〒160−0023
 新宿区西新宿3−2−7 パシフィックマークス西新宿4F 東京保険医協会内
 TEL 03−5339−3601 / FAX 03−5339−3449
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 23:59| Comment(0) | 私たちの考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。