★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2009年06月23日

6/23発表声明「厚生労働省の被爆者医療分科会の決定について」

 東京反核医師の会は、6月22日に「原爆被爆者医療分科会」が「積極認定」の対象疾病として新たに慢性肝炎や肝硬変の〈肝機能障害〉と〈甲状腺機能低下症〉を追加した件につきまして、別紙の通り声明を出しましたので声明を発表しましたのでお知らせいたします。
≪東京反核医師の会 声明≫
厚生労働省の被爆者医療分科会の決定について

 6月22日、厚生労働相の諮問機関「原爆被爆者医療分科会」は一定の条件でほぼ自動的に認められる「積極認定」の対象疾病に、新たに慢性肝炎や肝硬変の肝機能障害と甲状腺機能低下症を追加することを決定した。
 両疾病を積極認定の対象とするのは、これまでの裁判の経過からいっても当然の結論である。
 しかし、今回の決定の最大の問題点は、「放射線起因性が認められる」ことを最終的な条件にしている点にある。これまで医療分科会が認めてきた「放射性起因性」こそが、認定審査の誤りの原因である。これを条件とすることで今まで同様に認定されない被爆者が生まれることが予測され、本当の解決とはならないであろう。
 今求められているのは、原告・被爆者の一括救済であり、小手先の認定基準見直しではない。われわれ東京反核医師の会は国・厚労省に対し、政治決断による原爆症認定集団訴訟の全面解決を求めるものである。
2009年6月23日
核兵器廃絶・核戦争阻止 東京医師・歯科医師・医学者の会
(東京反核医師の会)
代表委員  向山  新
渡辺 吉明
片倉 和彦
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【連絡先】 〒160−0023
 新宿区西新宿3−2−7 パシフィックマークス西新宿4F 東京保険医協会内
 TEL 03−5339−3601 / FAX 03−5339−3449
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 20:00| Comment(0) | 私たちの考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。