★原水禁2017年世界大会 in 長崎★
8/7〜9、現地からのレポートはこちら

2011年03月16日

3/16発表 緊急声明「福島第一原発の放射性物質放出についてマスコミの正確な危険性報道を求め、政府の迅速な情報収集・発表を要求する緊急声明」

 東京反核医師の会では、東北地方太平洋沖地震による福島第一原発の放射性物質放出にあたり、以下のとおり緊急声明を出しましたので報告いたします。
 この声明は、内閣総理大臣、マスコミ関係者ほかの皆様にお送りさせていただきました。今回の災害および原発事故においては、関係者の皆様には連日不休でご尽力いただいていることに心から敬意を表します。ぜひ、声明の内容をお汲み取りいただき、原発関連情報と放射線による人体影響について、正しく知識を広めていただきますように、心からお願い申し上げます。
【 東京反核医師の会 緊急声明 】
福島第一原発の放射性物質放出について
マスコミの正確な危険性報道を求め、
政府の迅速な情報収集・発表を要求する緊急声明

 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、今も逼迫した避難生活を送られている被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。

 福島第一原発においては、2011年3月16日午前10時現在、当該4号炉の使用済み核燃料の過熱事故により、空気中への放射性物質の拡散は不可避となりました。
 放射性物質の漏洩の規模は予測できませんが、人体に危険なことは言うまでもありません。
 ところが、これまで、NHKをはじめすべての民放テレビによる放射能汚染の報道では、原電敷地外の汚染放射能レベルが、数十マイクロシーベルト以下であり、人体への危険性の低さを説明するために、その放射線量が「通常の胸部X線撮影による被曝量より低い」とたびたび解説しています。この説明は、一般市民に放射線量を理解させるのには便利ですが、その一方、重大な過誤を含んでいます。
 人体へのX線の影響は照射時に限定されますが、放射性物質が体内に取り込まれると、当該物質の周囲の細胞に長時間影響します。
 例えば、ヨード131は、甲状腺に特異的に取り込まれるので、のちに甲状腺がんなどの疾患を起こすことは確認されています。一方、通常のX線検査で、そのような結果が生ずることはありません。
 特に危険なのは、プルトニウムです。プルトニウムは、肺や骨に取り込まれ、一度摂取されると排出するのは極めて困難です。また半減期が長いので、摂取量によっては死に至る可能性があります。
 今回、事故原因の核燃料にはプルトニウムが含まれています。2010年9月に運転開始している<3号機>は、毒性の強いプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電です。

 したがって、放射能の影響は被曝線量のみで判断されるべきではなく、被曝の状況、放射線源、放射線の種類などにより、正確に理解されるべきです。このことは、日本人が原爆被爆の実相を解明した経験で確立した原理であります。

 今回の放射性物質漏洩の危険性を、X線検査と比較することによって、その危険性を、テレビ報道視聴者に過小評価させるのは、重大な誤りだと考えます。
 日本の市民は賢明であり、正確な情報には冷静に対応すると、われわれは信じています。反対に、正確な危険性を理解しておれば、万が一重大な事態が発生してもパニックに陥ることなく、事前に賢明な対策を講ずるでありましょう。
 これまでのテレビ報道に深刻な反省を求め、放射性物質による大気汚染について、正確な知識を市民に提供することを求めます。
 また、日本政府にはより正確な原発の危険性を把握し、国民に対して迅速に広報いただくよう強く要望します。

2011年3月16日 
核兵器廃絶・核戦争阻止 東京医師・歯科医師・医学者の会 
(東京反核医師の会)
代表委員  向山  新
渡辺 吉明
片倉 和彦
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:11| Comment(5) | 私たちの考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HPにも声明文を上げましょう
Posted by 向山 新 at 2011年03月16日 22:36
千葉の反核医師の会のHPにも転載させて戴きます。
Posted by 川村実 at 2011年03月17日 00:45
正確な情報を声明として発表してくださり、ありがとうございます。
一市民として、「影響ない」との報道にたいへん懸念を抱いていたところです。
はい、パニックにはなりません。
冷静に現実のいまを耐え、できること、手を取り合っていきたいと思います。

Posted by さとうまゆか at 2011年03月17日 12:03
おっしゃる危険性についての事実、大変ごもっともだと思います。
わたしも、20年以上反原発の立場をとっています。
今回の事故も「地震が来たら、原発はこうなるよ」と言い続けてきたことと
ほぼ同じように事態が推移しており、
早く沈静化してほしいと心底思いつつも「だから言ってたのに!」と
自分たちの警鐘が受け入れられなかったことに、悔しさを覚えます。

しかし、この声明は、正直いただけません。
直ちに対策が講じられる内容なら良いですが、対策が難しいのに、危険性の方をより正確に報道することに、どれほどの意味があるでしょうか?
原発周辺の方にたいして、現状の避難・屋内待機以上の対策を示せるでしょうか?
食料を輸送する燃料すら欠乏しているのに……
Posted by HINOMIYA at 2011年03月17日 12:13
皆様、早速コメントをありがとうございます。

>向山先生
 渡植先生には早速お願いしました。
 停電のため、PCの不具合で復旧に時間がかかっているそうですが、直り次第アップしてくださるそうです。

>川村先生
 早速ありがとうございます!ぜひよろしくお願いいたします。

>さとうまゆかさま
 コメントを入れていただきありがとうございました。
 正確な情報、もちろん私たちも現地にいるわけではないので把握はできませんが、だからこそ政府やマスコミには今ある事実と、これから起こりうる可能性の全て、冷静に判断するためにも、信頼できる情報だけを流してほしいと思います。

>HINOMIYAさま
 早速コメントいただきありがとうございました。
 反原発のお立場で来られたとのこと、忸怩たる思いでいらっしゃることと思います。

 確かにご意見の通り、政府から当該地域の行政に何の連絡もなく、「情報源はテレビ・ラジオだけ」と行政首長が嘆きと怒りをぶつけている今、すぐに対策が講じられるか不透明という非情な現実があります。
 しかし、情報源がマスコミ報道しかないならなおのこと、放射線についての正確な知識を伝えることは急務であると思います。
 また、反核医師の会の先生方は、長年被爆医療に取り組んできたドクターの立場として、放射線の危険性をレントゲン写真と比較するのは不適切であり、こうした知識が一般的になることをたいへん危惧していらっしゃいます。

 いたずらに不安をあおるべきではないとはもちろん分かっていますが、「人体に影響はないから」と屋内待避をし続けている地域に対しては、物資を輸送する車はあっても行きたがる人がおらず、徐々に枯渇しているそうです。
 情報が極端に不足し、自ら判断しなければならない状況に陥るかもしれない中、判断基準となりうる「知っておくべきこと」を知らせないのも問題ではないかと思い、あえて今回の緊急声明を発出した次第です。


 今後、反核医師の会の先生方は、必要に応じて医師の立場から声を挙げていこうと考えています。HINOMIYAさまはじめ、皆様の貴重なご意見も先生方にご紹介しながら、混乱を招かないよう、適切なメッセージ発信に努めて参ります。
Posted by 事務局・モリ at 2011年03月17日 14:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。