★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2012年06月05日

6/5発表 緊急声明「大飯原発の再稼動に反対する」

 東京反核医師の会は、大飯原発を再稼動する方針を政府が決定したことを受け、本日6月5日に緊急声明を発表いたしました。
 福島原発事故の検証や反省が充分に行われておらず、且つ世論調査でも過半数が運転再開に反対している状況において、原発を再稼動させるなどとは到底容認できるものではありません。私たちは原発による悲劇が二度と繰り返されないことを願っています。

【 東京反核医師の会 緊急声明 】
大飯原発の再稼動に反対する
政府の迅速な情報収集・発表を要求する緊急声明


 5月30日に、野田首相は大飯原発の再稼動を巡り、立地自治体の同意を前提に「私の責任で判断する」と表明した。私たちは以下の理由により、大飯原発3・4号機の再稼働に反対する。
 
1.東京電力福島第一原発事故の検証は不十分 
 東京電力福島第一原発事故については、地震そのものによる配管破損の可能性を含め、事故原因は解明されていない。国会の事故調査委員会で、事故原因と事故後の対策について検証を行っている最中に、首相自身が再稼動の方針を示すことは許されない。福島第一原発事故がもたらした被害の大きさ、教訓と真摯に向き合い、福島原発事故の真相を徹底的に究明し、国民に真実を明らかにすべきである。

2.原子力行政の見直しこそ急務
 5月30日、原発の耐性試験(ストレステスト)を原子炉製造メーカー自身が行っていたことが明らかになった。このことはストレステスト自体の客観性と信頼性を損ない、独立した原子力規制機関を持たない日本の原子力行政の問題点を鮮明にした。国会では原子力規制庁の設置関連法案が審議中であり、原子力行政のあり方が根本から問われている。政府がすべきことは、拙速な原発再稼動ではなく、これまでの原子力行政の問題点を検証し、独立した原子力規制機関を設置することである。

3.国民の生命と安全を第一に、今こそ「原発ゼロ」の政治決断を
 世論調査では大飯原発の運転再開に過半数が反対。政府の原発安全対策については「信頼していない」との回答が7割にも達している。事故が起きた場合の放射能被害の予測、住民避難の計画すら十分に立てられていないなかでの「大飯原発再稼動」は国民の命と安全を軽視した暴挙である。
 政府が今やるべき仕事は、短期的には原発再稼動なしで電力不足を乗り切る施策の提示であり、長期的には、原発に頼らない安全でクリーンな自然エネルギーの開拓・推進であるはずだ。
 科学的知見に基づいた安全基準の確立とともに、国民の生命と安全を第一に、国の原子力政策の転換を強く要望する。
 「ノーモア・フクシマ!」再び原発による放射線汚染を繰り返さないためにも、「原発ゼロ」の政治決断が今こそ求められている。

2012年6月5日
核兵器廃絶・核戦争阻止 東京医師・歯科医師・医学者の会
(東京反核医師の会)
代表委員  向山 新、 渡辺 吉明、 片倉 和彦
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:04| Comment(0) | 私たちの考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。