★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2014年08月06日

no-title

DSC_0175.jpg
マーシャル外務大臣が欠席のため、駐日マーシャル諸島共和国大使館公使から。
マーシャルで行われたブラボー水爆実験から60年経った。マーシャルは世界で最も癌の発症率が高い。水爆実験に使う予算の何割かでも医療に使ってもらえないか。アメリカは補償はするというが補償額アメリカが決めている。我々はアメリカの核の野望の犠牲になっている。国際司法裁判所に訴えている。親族は皆癌で死亡している。など
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 12:21| Comment(0) | 原水爆禁止2014年世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。