★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2016年12月12日

辺野古違法確認訴訟、沖縄県の敗訴確定

 名護市辺野古の新基地建設をめぐり、石井啓一国土交通相が翁長雄志知事を訴えた「辺野古違法確認訴訟」で、最高裁は12日までに、上告審判決を今月20日午後3時に言い渡すと決定しました。
 知事が敗訴した福岡高裁那覇支部での判決の見直しに必要な弁論を開かないでの判決となるため、県側敗訴が確定する見通しです。

国の機関である沖縄防衛局が、私人の権利救済が目的である「行政不服審査制度」を用いるなど、
この問題での沖縄県への国の対応は横暴をきわめたもので、まさしく地方自治を損なうものといえます。
当時現役の沖縄北方相だった島尻氏が選挙区で落選した7月の参院選の結果を見ても、沖縄県民の総意がどこにあるかははっきりしているのではないでしょうか。

 翁長雄志沖縄県知事は以前から「確定判決には従う」と述べており、最高裁判決の後は、埋め立て承認取り消しを撤回する手続きに入ることになります。
 ただし、翁長知事は敗訴した場合でも「あらゆる手法」で辺野古新基地建設を阻止する姿勢は変わらないと述べています。国が工事を進めるために必要な設計概要や岩礁破砕の許可申請に対し、県は不許可とすることを検討しており、埋め立て承認の「撤回」も視野に入れています。
 新基地建設を巡る闘いは新たなステージに入ることになります。


※ところで、この記事を書いている最中に、
「埋め立て承認の「撤回」って何だろう?承認取り消しがダメになったけど、"撤回"はできるということ?」
という素朴な疑問(不勉強ともいう)が起こったので、確認しました。
取消と撤回は、以下のような違いがあるそうです。

【職権取消】
@行政庁が行った行政行為に当初から瑕疵(=違法または不当という「過ち」)があった場合に、行政庁の側から自発的に、その瑕疵を理由として取消すこと。
A職権取消の効果は遡及的におよぶ。
【撤回】
@行政行為に対して、行為の後に発生した事情により、その効力を存続させることができなくなった時に、その効力をなくすこと。
A撤回の効果は、撤回の時点から将来に向かって発生する。

つまり最初からなかったことにするのが「職権取消」で、後から効力をなくすのが「撤回」ということになります。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:52| Comment(2) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
裁判の時に「普天間基地の騒音を減らすため」という理屈がまかり通っているのですが、普天間基地と辺野古基地は大きさも機能も随分違っているので理屈がとおりません。騒音が問題なら今すぐ普天間基地をやめればいいだけのこと。、
Posted by katakuuura at 2016年12月12日 21:30
>katakuuura 様

問題Aへの対応を議論しているときに
別の問題Bを持ち出して「こっちはどうなんだ」というのは
よくある混ぜ返しの手法ですが、このところどんどん露骨になっているように思います。
ここでAとBがあたかも「どちらかを取らないといけない類の問題」
であるかのように言い募るのがポイントで、
全然別の例なのですが、最近だと
「カジノ法案に反対するならパチンコを先になんとかしろ」
みたいなことを大真面目に言っているのを見かけました。
Posted by ブログ担当 at 2016年12月13日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。