★原水禁2017年世界大会 in 長崎★
8/7〜9、現地からのレポートはこちら

2017年03月28日

3/27核兵器禁止条約交渉が始まりました(しかし日本は不参加)

3月27日から、核兵器禁止条約の交渉がニューヨークの国連本部で始まりました。
核兵器を法的に禁止する条約はこれまで存在しておらず、成立すれば歴史的な一歩になります。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017032702000131.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927011000.html

禁止条約制定を主導するのはオーストリアやメキシコなどで、
既に非核地帯条約を締結している東南アジア、中南米、アフリカを中心に
113カ国が交渉開始の決議案に賛成しているとのことです。
しかし、アメリカをはじめとする核保有国は交渉に参加していません。

アメリカのヘイリー国連大使はイギリスやフランス、韓国など20カ国余りの国連大使とともに
改めて条約に反対する声明を発表しています。
記者会見で、ヘイリー国連大使は「現実的になるべきだ。北朝鮮がこの条約に同意すると信じる人がいるだろうか」「国連総会議場に入った人たちはわれわれが直面している脅威を本当に理解しているのか」と延べたとのことです。

そして日本は、高見澤軍縮大使が、核軍縮は核兵器の保有国と非保有国が協力して行うことが不可欠だとして、「建設的で誠実な形で交渉に参加することは困難だと言わざるをえない」と述べ、このあとの交渉には参加しないことを明らかにしました。

岸田文雄外相は28日に記者会見で、条約交渉に参加しなかった理由として、
「核兵器国の出席は一国もなかった。核兵器のない世界(実現)に資さないのみならず、核兵器国と非核兵器国の対立を一層深め、逆効果になりかねない」
と述べていますが、唯一の核兵器被爆国である日本が禁止条約成立に反対し、交渉に参加しないことに、交渉に参加した国からは批判の声が挙がっています。

本交渉における日本の消極的、というよりむしろ交渉そのものに逆行するような
態度については本ブログでもたびたび取り上げ、批判してきました。
http://tokyohankaku.seesaa.net/article/445325875.html

こうした核兵器や原発の廃絶を話し合う場でいつも必ず出てくるのが
「現実を見て」「現実的な方向で」といった現実論(もどき)です。
先述のヘイリー国連大使の発言にはこうした姿勢が露骨に表れています。
あたかも核兵器廃絶を目指す人々は現実離れした夢を見ているとでもいうかのようです。

しかし「危険で非人道的な兵器をなくすかわりに、たくさん持つようにしよう。そうすればあまりにも危なすぎて実際には使えなくなるから」という理屈の、子どもでも気づくような危うさに気づけない人々の「現実認識」とはいかなるものなのでしょうか。
彼らは実際に破滅的な被害が生じるまで、こうした「現実論」にすがり続けるのでしょうか。現に原発問題については、実際に福島第一原発の事故という、最悪の結果がもたらされています。

先にリンクを貼ったNHKの記事のなかで、広島の被爆者の方が述べていることが全てでしょう。
「これまで完全に政治的な環境が整ったときはないし、おそらくこれからもない。それを待っていたら、いつまでたっても平和の話を進めることはできない」のです。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 11:46| Comment(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。