★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2017年10月13日

声明「ICANのノーベル平和賞受賞を共に喜び日本政府へ核兵器禁止条約の批准を求める」を送付しました

10月6日に国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞受賞が発表されたことに対し、東京反核医師の会は10月13日付で標題の声明を内閣総理大臣および各所へ送付しました。


ICANのノーベル平和賞受賞を共に喜び
日本政府へ核兵器禁止条約の批准を求める

 2017年のノーベル平和賞が、核兵器の非合法化と廃絶を目指す国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に授与されました。
 ノルウェー・ノーベル委員会は授賞理由として「核兵器がもたらす破滅的な結果を人々に気づかせ、条約で禁止しようと草分け的な努力をしてきたこと」を挙げ、北朝鮮をはじめ、核兵器を開発する国が増えている現状についても言及しています。
 ICANは2007年に、東京反核医師の会が賛同している核戦争防止国際医師会議(IPPNW)を中心に発足して以来、核兵器の非人道性を訴え、非核保有国と協力しながら、核兵器の包括的な規制、非合法化を目指して活動を続けてきました。また、被爆者団体や、多くの反核・平和団体と連携し、被爆がもたらす人体への影響を含めた核兵器の被害の実態を世界に発信してきました。
 これらの活動が国際的に評価されたことを、共に核兵器廃絶を目指して活動を続けてきた団体として、非常に喜ばしく思います。
 核戦争防止国際医師会議(IPPNW)も1985年に同賞を受賞しています。核兵器廃絶にむけて、私たち医師の果たしてきた役割は小さなものではありません。これからも東京反核医師の会は、命と健康を守る医師の使命に基づき、核兵器の廃絶を目指し、たゆまず活動を続けていく所存です。
 そして今一度日本政府には、核兵器禁止条約を批准し、唯一の戦争被爆国として核兵器廃絶への積極的な役割を果たすことを強く求めます。
2017年10月13日
核兵器廃絶・核戦争阻止 東京医師・歯科医師・医学者の会
(東京反核医師の会)
代表委員  向山 新、 矢野 正明、 片倉 和彦

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:40| Comment(0) | 私たちの考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。