★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2018年06月15日

2018沖縄シンポジウム「沖縄とともに−1945年6月23日を心に刻む」のご案内

20180623okinawa_1-thumb-autox361-11043.jpg

第二次大戦における沖縄戦が組織的な戦いとして終了したのが1945(昭和20)年6月23日であり、沖縄ではこの日に慰霊の行事が行なわれています。
私たちは、日本の国土の中で唯一地上戦が行なわれた沖縄のことを忘れてはいけないと思います。
シンポジウムでは、沖縄戦の際に日本陸軍守備隊隊長であった牛島満中将のお孫さんでもあり、「牛島満と沖縄戦」をテーマに沖縄で授業を行なってきた牛島貞満さんと、辺野古新基地建設について土木技術者の立場から基地建設の問題点の指摘を続けている奥間政則さんを招き、お話をいただきます。
同時に「米軍機の墜落」をテーマに写真展を開催いたします。
県民の度重なる抗議にもかかわらず戦後から現在に至るまで墜落事故が発生しています。基地被害の実態を墜落現場の写真を通して記憶を甦らせます。

1 日時・場所

2018年6月23日(土)12時35分〜16時30分(開場12時20分)
弁護士会館2階講堂 クレオBC

2 内容

12:35 ビデオ上映(沖縄国際大学に米軍ヘリ墜落)
13:00 第1部「祖父牛島満と沖縄戦を語る」
    −国内最後の地上戦から何を学ぶのか−
    講師 牛島貞満氏
14:50 第2部「土木技術者からみた辺野古基地建設の問題点」
    −地盤問題で窮地に追い込まれた防衛局−
    講師 奥間政則氏 
16:30 閉会

3 同時開催写真展「米軍機の墜落」

期間 6月18日(月)〜6月23日(土)
場所 弁護士会館1階フロア
時間 9:00〜19:00(最終日11:00〜16:00)

4 対象

広く一般の方々のご参加をお待ちしております。参加無料。

5 主催

東京弁護士会

6 問合せ先

東京弁護士会人権課 TEL:03-3581-2205

※本記事はhttps://www.toben.or.jp/know/iinkai/jinken/cat188/2018okinawa.htmlからの転載です。


posted by 東京反核医師の会 事務局 at 16:37| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。