★原水禁2017年世界大会 in 長崎★
8/7〜9、現地からのレポートはこちら

2018年06月17日

第12回 被爆者の声をうけつぐ映画祭2018 のご案内

「被爆者の声をうけつぐ映画祭」は、2006年に日本被団協が50周年を迎えたことをきっかけに、映像を通じた被爆体験の継承を目的として企画されました。
ドキュメンタリー、劇映画、アニメーションなど、上映される作品はジャンルも時代も多様で、なかには他ではなかなか観られない貴重なものもあります。

第12回目となる今回の映画祭は、7月14日(土)、15日(日)の2日にわたって、武蔵大学江古田キャンパスで開催されます。
14日の18:00~20:20の「愛と死の記録」では、上映に先立って、同作品で主役を演じた女優・歌手の吉永小百合さんが登場。映画監督の宮崎信恵さんとのトークが行われます。

全体の上映スケジュールは以下のとおりです。

◆7月14日(土)会場:大講堂
オープニング 10:00〜 開会あいさつ:実行委員会代表
プログラム@ 10:15〜11:45 作品紹介:有原誠治(映画監督)
       「広島長崎における原子爆弾の影響 広島編」ドキュメンタリー:82分
プログラムA 12:45〜14:45
       「チャルカ〜未来を紡ぐ糸車〜」ドキュメンタリー:90分
       ●トーク:島田 恵 監督
プログラムB 15:45〜17:00
<無料上映> 「灯篭流し Paper Lanterns」ドキュメンタリー:60分
       ●トーク:伊吹 由歌子(日本語サイト「捕虜 日米の対話」東京代表)
プログラムC 18:00〜20:20
       ●トーク:吉永 小百合(女優)・宮崎 信恵(映画監督)
       「愛と死の記録」

◆7月15日(日)会場:8号館7階8702
プログラムD 10:00〜12:15
       「白い町ヒロシマ」劇映画:103分
       ●トーク:児玉 三智子(被爆者)
プログラムE 13:00〜14:30
       「SOSこちら地球」人形アニメーション:62分
       ●トーク:石川 ゆたか(図書館九条の会)
プログラムF 15:30〜19:30
       「いのちの岐路に立つ 核を抱きしめたニッポン国」ドキュメンタリー:110分
       ―【シンポジウム】被爆者の声をうけつぐために―
       司会:永田 浩三(武蔵大学社会学部教授)
       発言:矢間 秀次郎(プロデューサー)
          栗原 淑江(ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会事務局)
          吉村 知華(昭和女子大学 歴史文化学科3年生)
エンディング 19:30〜20:00
       歌唱:中島 清香(声楽家)・ピアノ:里見 佳恵

【鑑賞券】
大人:前売り1,000円、当日1,300円
学生、子ども:前売り500円、当日800円
2日間フリーパス券:4,000円

【お問い合わせ先】
TEL:03-5466-2311 被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会

【主催】
被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会/武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三ゼミ
    
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。