★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2018年10月03日

10/14市民公開講座「沖縄と憲法9条」(お話し:稲嶺 進 前名護市長)のご案内

千葉県保険医協会/九条の会・千葉医療者の会/千葉県民主医療機関連合会 の共催で、
下記のとおり市民公開講座が開催されますのでご紹介いたします。稲嶺進前名護市長のお話を聞ける貴重な機会です。ご関心のある方はぜひお申込みください。

【日程】2018年10月14日(日)午後2時〜4時
【会場】千葉商工会議所 第2ホール
(千葉県千葉市中央区中央2−5−1千葉中央ツインビル2号館14階 TEL043-227-4101)
【講師】稲嶺 進 氏(前名護市長)
 沖縄の米軍基地負担軽減を大義名分に、普天間飛行場の辺野古移設を地元の民意を無視し、強権発動で抗議市民を強制排除・拘束を繰り返し、恣意的な法解釈のもと違法工事を強行するこの国に三権分立は機能しているのか。民主主義と地方自治の危機が端的に表れているのが「辺野古・高江」である。基本的人権をさえ守られず、憲法番外地とも言えるこの現実は、果たして沖縄だけの問題であるのかを問うている。
【入場料】無料/要事前申し込み
【申込み・問合せ】千葉県保険医協会
TEL:043-248-1617 FAX:043-245-1777
E-Mail:chiba-hok@doc-net.or.jp

20181003172523-0001.jpg
















【共催】千葉県保険医協会/九条の会・千葉医療者の会/千葉県民主医療機関連合会
【後援】反核医師の会ちば
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 17:10| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。