★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2018年12月14日

ホワイトハウスへ 辺野古の新基地建設作業停止を求める電子署名活動はじまる

 米大統領に、来年2月に予定されている県民投票まで、名護市辺野古の新基地建設作業の停止を求める電子署名活動が、ホワイトハウスの請願書サイトで始まっています。
 8日に開始後、約21,046 筆(14日午後9時30分時点)が集まっています。30日以内(来年1月7日まで)に10万筆が集まれば、ホワイトハウスが請願内容など対応を検討するとのことです。

 請願書を呼び掛けたのは、ハワイ在住の沖縄系4世の作曲家、ロブ・カジワラさん。同サイトで、日本政府や在日米軍は沖縄の人々の意思を無視しているとし、「作業を容認すれば、沖縄県民の反米感情は確実に高まり、米国と沖縄の関係は永久に損なわれる」と訴えています。

署名のウェブサイトは以下のとおりです。簡単な手続きで済みますので、ご協力いただける方はどうぞ。

https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa


※名前とアドレスを入力して「Sign Now」をクリックしただけでは、署名はまだ終わっていません。
入力したアドレスにメールが来るので、それを開いて「Confirm your signature by clicking here」
をクリックして初めて署名完了です。ご注意ください。

※辺野古基地建設の違法な土砂投入につきデニー知事のコメントが沖縄タイムスに掲載されているのでご紹介します。

 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/359306

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 21:39| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。