★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2018年12月21日

3.10被爆医療福島シンポジウム(第3回)‐事故より8年、福島の現実と課題‐のご紹介

2019年3月10日(日)に第3回被爆医療福島シンポジウムが開催されますので
ご紹介いたします。

・日時 2019年3月10日(日)午後1時〜
・会場 コラッセふくしま4階 多目的ホール
・講師 矢ヶ崎 克馬 氏(琉球大学名誉教授)
     ※物性物理学 認定原爆症集団訴訟で証言
       著書に「地震と原発今からの危機」「内部被爆」「隠された被爆」
     渡辺 瑞也 氏(元小高赤坂病院院長)
     ※日本精神神経学会理事 新地クリニック理事長
       著書に「『核惨事』−東京電力福島第一原子力発電所過酷事故被災事業者からの訴え」
     キム イクチュン 氏(韓国東国大学)
     ※前原子力委員会委員 反核医師の会運営医院
・呼びかけ人 
     布施 幸彦 氏(ふくしま共同診療所院長)
     杉井 吉彦 氏(本町クリニック院長)
     平岩 章好 氏(ふくしま共同診療所医師)
     湊   明    氏(ふくしま共同診療所医師)
     深谷 邦男 氏(本町クリニック理事)
・当日参加費 医師2000円、一般1000円、学生500円
・シンポジウム連絡先 
     本町クリニック事務局 電話 042-324-9481
     (東京都国分寺市本町2-7-10 エッセンビル2階)
     ※ふくしま共同診療所(024-573-9335)でも受け付けしています。
               



posted by 東京反核医師の会 事務局 at 15:50| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。