★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2019年01月11日

個人被ばく線量論文のデータ不正提供疑惑・計算ミス発覚 早野龍五・東京大名誉教授ら

東京電力福島第1原発事故後に測定された福島県伊達市の住民の個人被ばく線量のデータを基に、早野龍五・東京大名誉教授らが英科学誌に発表した2本の論文について、東大は12月27日、「本人の同意のないデータが使われている」などとする住民からの申し立てを受けて予備調査を始めたことを明らかにしました。
この個人線量は、伊達市が2011〜15年ごろ、「ガラスバッジ」と呼ばれる線量計を住民に配布して測定したものです。
論文では、市の人口の約9割にあたる約5万9000人分のデータを解析し、生涯にわたる被ばく量の予測などをしています。

申し立てで指摘された問題点を大きく分けると以下の3つです。
a) 論文では、約5万9000人分のデータを解析しているが、約2万7000人分について本人の同意を得ていない
b) 論文の著者の一人が所属する福島県立医大の倫理委員会に研究計画書の承認申請を行う前の15年9月に早野氏が解析結果を公表している
c) 図の一部に不自然な点があり、「線量を過小評価するための捏造が疑われる」

これに対して、早野氏は「適切なデータを伊達市から受け取ったという認識で対応していた」、また「計算ミスがあり、線量を3分の1に過小評価していたとして出版社に修正を要請した」と回答しています。
しかし、「修正」のきっかけのひとつとして、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・黒川眞一氏の論文を挙げているにもかかわらず、そこで指摘されている自身の論文の複数の問題について回答していないことや、伊達市の担当者の答弁と食い違いがあることなど、疑わしい部分が多く指摘されています。

早野龍五氏は、東日本大震災の直後から、ツイッターなどのSNSを中心にして、福島第一原発の事故について、一貫して安全論に立った主張をしてきた人物であり、その論文は政府・復興庁の進める「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」の元にもなっています。
徹底した調査と事実関係の究明が求められます。

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 13:54| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。