★原水禁2016年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2014年11月02日

閉会式

141102_121902.jpg
それぞれの分科会のまとめがなされています。
第1分科会
熊野直樹先生は国防のための管理国家にする9条の骨抜きへ。そのための、秘密保護法、NSC、集団的自衛権の閣議決定。これを防ぐにはわーわー騒ぐのが大事と指摘した。

木村朗先生は核廃絶に向けた取り組みを振り返りつつグローバルヒバクシャという概念を紹介した。

第2分科会

吉岡斉先生は座長である原子力市民委員会を紹介。市民運動ではなく、将来脱原発政権が出来たときに、政策提言する専門家集団として結成。市民運動と連携して脱原発を目指すのが大事だと述べた。

岡本良治先生は原発以降の再生可能エネルギーを充実すればいいとの意見が主流だが、それ1本だけでなく節電の徹底、発電の効率化、排出熱の低減化、こうした既存の技術などを打ち出して運動するのが大事と指摘した。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 12:29| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

核廃絶のチャンスを潰したのは全てアメリカ

木村朗先生は、原発着手の段階、ナチスの核開発断念が分かった時点、核の国際管理の提起時など核廃絶の絶好のチャンスがあったが、残念ながら足を引っ張っているのはアメリカであり、最近は日本も加わっていると指摘。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 11:09| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

核廃絶の最も抵抗しているのは日本

141102_103154.jpg
オバマ大統領のプラハにおける「核廃絶声明」は、新型通常兵器に対する自信の裏返し。
核のない世界というのは、核兵器と原発のない世界として把握しなければならない。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 10:57| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2日目分科会

141102_094059.jpg
第1分科会「核廃絶と平和問題」と第2分科会「原発と代替エネルギーの問題」がそれぞれ開かれています。

第1分科会では熊野直樹先生が、「アメリカ、イギリスは世界中で戦争をする力が落ちている。その代わりに軍事的に台頭しているのはドイツが主導するEU。アメリカは覇権争いに負けないため自衛隊を利用したい。」と指摘。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 09:54| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

レセプションで報告

141101_193226.jpg


東京反核医師の会は黄緑のTシャツで登段。
向山先生が取り組みを報告しました。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 20:05| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

質疑応答2

141101_175713.jpg
韓国反核医師会への質問がなされています。

韓国の電力会社について、発電割合、再生エネルギーの取り組み状況など。

再生エネルギーについては、イ・ミョンバク政権で保護政策が全廃され、原発推進に舵をきったとのこと。ただソウル市は原発廃止、再生エネルギーへの補助金政策など第一歩となる政策が始まりつつある。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:04| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

質疑応答の時間です

141101_174416.jpg

安倍首相の政策の分析、外国からの見方、今後の情勢など討論されています。
纐纈先生は、今なぜ安倍政権が期待されているのか。経済政策の不味さを発信する私を含めた研究者、そしてメディアの力が脆弱であると指摘しました。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 17:55| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国で原発が甲状腺がんの原因と認める判決を勝ち取る

141101_163537.jpg

韓国の原水力公社の原発周辺住民健康調査に対する調査の要求、そして健康診断の取り組みを反核医師会も含め連帯して取り組んだ結果、原発が周辺住民の甲状腺がんの原因であるとする地裁判決を得れたと報告。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 16:57| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国反核医師の会紹介

141101_163007.jpg

ペク・ドミョン教授から報告。
設立のきっかけは福島原発事故。会員は約150人。

北朝鮮の核兵器、韓国の核兵器配置・開発、韓国の原発やその周辺産業の問題、放射線検査の問題と4つに着目。

原発施設周辺の健康疫学調査の再解析・試行、被爆に関する教育広報などを取り組んでいる。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 16:42| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習会「私たちは、東アジアにどう向き合うのか」

141101_153507.jpg
講師は纐纈厚先生。山口県の吉田松蔭。今でも萩では先生をつけなければいけませんが、彼は「朝鮮はとりやすき国」とし、大陸の拠点とすべきとしている。この系譜が日本を指導し、岸信介につながっている。
この岸信介の政略。自立したアジアに君臨する国に日本をする。これを安倍首相は実現しようとしているのではないか。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 15:50| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

各国の原発事情

141101_133216.jpg
菜種油でベンツが走るドイツ。憲法で原発利用を禁止するオーストリア、廃炉費用の問題で経済界が原発に反対したスイス、50万以上の署名を集め、原発利用を定める法律を廃案にしたイタリア。ヨーロッパ各国の状況がテンポよく話されています。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 13:38| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記念講演、憲法を活かす、地球を守る

141101_132125.jpg

元朝日新聞の記者、伊藤千尋さんの講演です。記者歴40年、70数カ国をまわった経験をお話いただけます。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 13:21| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反核医師のつどいが開始しました

141101_130125.jpg
福岡反核医師の会の岡本先生がご挨拶。
「核はいちっょん好かん!!ではないですが核なき世界を求める大きな動きが出てきている」と語りました。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 13:09| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都久志会館に到着

141101_123113.jpg
無事、福岡に到着しました。会場前でパシャリ。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 13:06| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡に向かいます

反核医師のつどいに参加するため福岡に移動中です。現在、羽田空港。

141101_084027.jpg
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 08:40| Comment(0) | 2014年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする