★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2010年09月18日

遷都くん

100918_1938~04.JPG レセプション会場になんと遷都くん登場!とてもかわいいです(^_^)v
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 20:58| Comment(1) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レセプション

100918_1911~01.JPG 本日のつどいのプログラムは無事に終了。

 これから記念レセプションが開催されます。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 19:31| Comment(1) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会場移動

100918_1733~01.JPG レセプションが開催される奈良ロイヤルホテルの会場にバスで移動。

 これから全体会が開かれます。東京反核医師の会から事前に参加予定とお聞きしていた先生方全員とお会いすることができました。

イチカワ
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 17:37| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記念講演

 いよいよ真打ち登場!ティルマン・アルフレッド・ラフ氏の記念講演が始まりました。

どんなお話が聞けるのか楽しみです。

イチカワ
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 15:26| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏教者の挨拶

 お寺のたくさんある奈良での開催とあって、薬師寺の安田えいいん長老がご挨拶されています。

 世界各地の宗教者と対話されている方だそうです。

 争いごとの根源は「自己中心的な欲望、考え方ではないか」というお話が心に残りました。

 イチカワ
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 15:18| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポスター展示

100918_1451~01.JPG 少し時間がかかりましたがポスター展示の設営完了しています(-.-)y-~~~イップク
設計図通りになっているかな←(¬_¬)…

 今回は今までで一番大きなスペースをお借りしてのポスター展示になります。
 「東京反核医師の会ニュース」最新号もたくさん持って来ました。大勢の方に呼んでいただきたいです(^O^)/

イチカワ
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 14:51| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つどい始まる

100918_1312~01.JPG つどいが始まりました。最近のつどいは一般市民にも広く参加を呼び掛けて市民公開型で開催されています。

 今回も市民公開企画が組まれています。

トップは記念企画として俳優の佐々木梅治さんが芝居「父と暮らせば」を読み語りされます。

亡くなった井上ひさしさんの追伸企画。映画にもなった名作が心に響きます。

イチカワ
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 13:15| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホテル到着

100918_1201~01.JPG ホテルに無事に荷物が届いていました。当たり前ですがホッとしました\(≧▽≦)丿

 これから「つどい」の会場に向かいます。ポスター展示の貼り付けをしないといけません。急がなきゃf^_^;

イチカワ
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 12:05| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良に到着

100918_1107~01.JPG JR奈良駅に到着しました。快晴です。平城遷都1300年、しかも土日とあって人がいっぱいです。

 これから荷物を取りにホテルに向かいます。急がなきゃ(^_^;)


イチカワ
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 11:08| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都

100918_1007~01.JPG 今京都駅です。みやこ路快速で奈良に向かいます。
外国の方が非常に多いです。話しかけられないかドキドキしています(・_・;)
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 10:14| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

奈良のつどい

TS3G0221.JPG

 毎年秋に開催されている「全国反核医師のつどい」が、今年は9月18・19日に奈良で開催されます。
 奈良女子大学講堂を会場に、シンポジウムや記念講演など多彩なプログラムが組まれています。

 ポスターセッションも開催されるのですが、先ほど準備完了。展示物を宿泊先のホテルへ発送しました。忘れ物がないといいのですが(汗)

 イチカワ
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 19:37| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

2010年度第1回世話人会

2010年4月19日 第1回世話人会

 事務局のモリです。

 4月20日(月)夜7時30分から、東京保険医協会セミナールームにおいて2010年度第1回世話人会が行われました。3月、4月は医療法の改正で医療現場がてんやわんやしていたこともあり、やっと第1回の世話人会を開くことができました。
 当日は、東京反核医師の会世話人の片倉、竹山、森本、渡辺各先生がご出席され、オブザーバーとして会員の矢野先生、土岐先生、東京保険医協会会長の拝殿清名先生と、事務局5人も参加しました。
 以下、報告や検討事項などです。


【報告確認事項】
 ○前回議事要録の確認
 ○前回世話人会以降の活動
  ・12/23 中学生からのインタビュー取材(向山)
  ・2/6   第22回総会・記念講演会

【財政、会員数等の報告】

【協議事項】
  1.2010年2月6日開催・第22回総会の総括

  2.渉外事項
   ・第19回IPPNW世界大会のご案内(全国よりの依頼)
   ・全国反核医師の会ニュース年間購読料の支払いについて

  3.5月NPT再検討会議(ニューヨーク)について
   ・会員の山崎広樹先生が参加予定。
   ・ニュースでの報告、報告会開催などを検討する。
 
  4.2010年原水禁世界大会への取り組み
   ・8月2日〜9日まで、分科会開催は広島。
   ・分科会の被爆電車企画は今年も行われる予定。
   ・今年も企画運営に協力し、要員を派遣する。

  5.ニュースVol.72発行について
   ・発行時期:5月下旬頃
   ・内容:総会・記念講演会報告、NPT再検討会議速報、会費納入のお願い、etc

  6.情勢討議

  7.次回世話人会の日程
    ・2010年6月に開催予定

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 14:23| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

2009年度第4回世話人会

091124meeting.jpg

 事務局のモリです。最近報告しそこねていた世話人会の報告をします。

 11月24日(火)夜7時30分から、東京保険医協会セミナールームにおいて2009年度第4回世話人会が行われました。
 当日は、東京反核医師の会世話人の片倉、竹山、土岐、渡辺各先生がご出席され、事務局も5人参加しました。以下、報告や検討事項などです。


【報告確認事項】
 ○前回議事要録の確認
 ○前回世話人会以降の活動
   10/9  ニュースVol.70発行
   10/26 オバマ米大統領へのメッセージ送付・・・・・当日資料P.3〜6
   11/21〜22 第20回核戦争に反対し核廃絶を求める医師・医学者のつどい
    (渡辺、向山、土岐、児嶋、中泉、村林;市川、戸井田)

【財政、会員数等の報告】

【協議事項】
  1.第20回核戦争に反対し核廃絶を求める医師・医学者のつどい報告<スライド上映>
☆会 期  2009年11月21日〜22日@鹿児島
☆参加者  321人(今回は医療関係者のみ)
☆次 回  奈良にて開催 2010年9月18日〜20日
……21日午前には学生部主催の知覧見学会(特攻隊資料関係)があり、土岐先生、村林先生が参加。
 つどいの各講演は専門的な内容も含まれたが、どれも内容の濃いもので充実した2日間だったという感想が多かった。詳細はニュースにて報告を予定。

  2.反核医師の会ホームページの運営について

  3.東京大空襲訴訟原告団より
    「団体署名」と2010年度賛同金\5,000協力のお願い

  4.第22回総会準備について
    ☆2010年2月6日(土) 記念講演:小森 陽一 氏
     東京保険医協会セミナールームにて開催予定 

  5.ニュースVol.71発行について
    ・内容:鹿児島つどい報告、2010年議案書、総会案内
    ・発行時期:12月末または1月初旬

  6.次回世話人会の日程
    ・2010年議案書の作成・検討のため年内開催予定


 

 次回世話人会は、12月後半の開催を予定しています。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 20:00| Comment(1) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

原爆症認定集団訴訟・東京「にんげんをかえせ」第2回座り込み

原爆症認定集団訴訟 厚労省前記者会見&座り込み
 「今朝、厚生労働省を見上げて、
6年間こことたたかってきたんだなと思うと、目頭が熱くなりました」
原告 西本治子さん


 厚生労働省の目の前、日比谷公園に沿って設置された座り込みテントにおいて、原爆症認定集団訴訟の東京原告による会見が行われました。
 先週末まで、国は上告も検討するとして原告との面会も11日以降と言っていましたが、9日、未明からの報道で「国は上告断念」との一報が。朝、上告断念が正式に大臣から発表され、さらに当日昼頃からの原告団との面会も前倒しで実現することになったのです。

原爆症認定集団訴訟 厚労省前記者会見&座り込み原爆症認定集団訴訟 厚労省前記者会見&座り込み
マスコミも続々と集まって、テントの周りを取り囲みました。


 原告団は、今回の国の判断について、皆さん一様に「歓迎する」と述べたうえで、「ただ、上告断念は当たり前。私たちの戦いはここで終わるわけではない」と繰り返します。

 「裁判で認められたのに未認定のままの人、裁判で負けてしまって未認定のままの人、それから厚労省で現在審査を不当に滞留されてい8,000人の被爆者。すべての人が救われるよう、穏やかな老後を過ごせるよう、裁判凡例に従った正当な基準見直しが行われて初めて、この裁判は解決したと言えるのです」
 「原告30人中、14人が係争中に亡くなってしまいました。この事実を許すことはできません。この間、18回も司法から否定されるような認定基準で動いている厚労省の分科会の責任も大きいと思います。抜本的に改革してくれるまでは、認めることはできません」

 そして、東京は唯一1人だけ認められなかった原告について、上告することを決めたことが発表されました。 
原爆症認定集団訴訟 厚労省前記者会見&座り込み
国上告断念を受けて、改めて早期解決を求める山本英典原告団長

 このあと、東京・大阪・熊本の原告らが参議院へ移動し、厚生労働大臣との面会に臨みました。
 面会において舛添厚労相は、「1日も早く解決したい」「河村官房長官と相談し、最終的には麻生総理の判断を仰ぐ」と述べました。
 また、別の政府高官の発言として、8月6日、9日の原爆忌までに新々基準の提示を模索するようです。今度こそ、二転三転しない毅然とした対応を望みます。
原爆症認定集団訴訟 厚労省前記者会見&座り込み
原爆症認定集団訴訟 厚労省前記者会見&座り込み
上:シュプレヒコールをあげる原告団
下:各地の原告・支援者の方たち

原爆症認定集団訴訟 厚労省前記者会見&座り込み
面会以外で現地に残った原告・原告支援者による座り込みが続いています。

原爆症認定集団訴訟 厚労省前記者会見&座り込み
うたごえのみなさん。


【追加ニュース】
 舛添厚労大臣との面会後に行われた記者会見で、原告は「政治決断はこの1、2週間のうちに下されるべきだ」として、麻生太郎首相や河村建夫官房長官との面会も希望すると述べたそうです。
 以下、引用します。

原爆症訴訟で「早く政治決断を」  原告ら、首相にも面会求める 
2009/06/09 17:51   【共同通信】

 原爆症認定集団訴訟の全国原告・弁護団は9日、舛添要一厚生労働相から東京高裁判決の上告見送りを伝えられたことを受け、厚労省で記者会見し「政治決断はこの1、2週間のうちに下されるべきだ」として、政府が原告全員の救済方針を早急に表明することを望んだ。

 全国弁護団の安原幸彦副団長は「今週から来週にかけ、全面解決への大きな動きをつくりたい」と宣言。麻生太郎首相や河村建夫官房長官との面会を強く求めた。

 政府高官が8月の平和祈念式典までに認定基準を見直す意向を示したことについて、全国弁護団連絡会事務局長の宮原哲朗弁護士は「政治決断後の話とすれば積極的な発言だと思う」と評価。基準見直し手続きが早く終わるのが望ましいとして「全面解決に向けた具体的な交渉は、遅くとも8月までになされると考えている。全員救済は譲れない一線だ」と述べた。

 厚労相との面会が上告期限(11日)より前倒しで設定されたことについて、弁護士から「重要な第一歩だ」などと好意的な声が上がった一方、原告の一部は「具体的な話が出なかった」と落胆した様子だった。

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 16:08| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【原爆症認定訴訟】座り込み開始へ

090609_1012~0002.jpg
 朝令暮改の政府対応に皆さん怒り心頭です。
 11時から国の上告断念を受けて記者会見が始まります。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 10:15| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

【原爆症認定訴訟】原告勝利!国はとうとう18連敗――5/28 原爆症認定訴訟 東京1次訴訟・高裁判決

090528hanketsu01.jpg
【勝訴・18連勝の垂れ幕を掲げる弁護師団】

 ブログでもご報告&すでに報道のとおり、原爆症認定訴訟東京1次訴訟・高裁判決は、ほぼ原告の勝利となりました。
 お1人だけ認められず、全員勝訴という形にはなりませんでしたが、甲状腺機能障害などの「基準外」病名が改めて認められたこと、5km圏内被爆が認められたことなど、画期的な判断がくだされた点が多かったことは救いです。

 以下、判決内容を簡単に整理します。

★国の「新しい審査の方針」外の未認定原告について★
 遠距離被爆者のがんや非がん疾患についても放射性起因性を認める
★「積極認定は半径3.5q圏内」という国の基準に対し、「半径5q圏内」被爆が認められた。
前立腺がん下咽頭がん甲状腺機能低下症バセドウ病など、放射性起因性が明らかでなかった疾患、さらに慢性C型肝炎についても、肝炎ウイルスと原爆放射線の共同成因説を採用し、放射線起因性を肯定。
★残念ながら、敗訴となった1人についても、残留放射線の可能性については認められている。

★国の「新しい審査の方針」そのものについて★
国の原爆症認定のあり方にまで言及
★「放影研の疫学調査の結果以外の学問的な成果をも考慮に入れて放射線起因性の有無について審査すべきである」として、総合的判断を尊重。
★「審査の方針には問題があり、原爆症認定の判断基準として適格性を欠く」と述べるなど、国の姿勢に対して言及の言及が行われた。
090528hanketsu02.jpg
【原告勝利判決に歓喜する原告団】

原告団声明

原爆症認定集団東京訴訟 東京高裁判決についての声明

2009年5月28日

原爆症認定集団訴訟東京原告団
原爆症認定集団訴訟東京弁護団
原爆症認定集団訴訟全国弁護団連絡会
東京都原爆被害者団体協議会(東友会)
日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)
原爆裁判の勝利をめざす東京の会(東京おりづるネット)
原爆症認定集団訴訟を支援する全国ネットワーク

1 本日、東京高等裁判所第4民事部(稲田龍樹裁判長)は、原爆症認定集団訴訟東京第一次訴訟に関し、未認定原告10名及び認定原告1名の未認定疾病について、1名を除いて却下処分を取り消す勝訴判決を言い渡した。

2 本日の東京高等裁判所判決は、これまでの17ヶ所の地裁・高裁判決を集大成したものである。その中で裁判所は、被爆者援護法の前文をふまえて「単なる社会保障的観点に基づくものではなく、戦争遂行主体であった国の国家補償的措置として行われるものである。」と判示した。起因性の判断基準についても、対立する科学的知見がある場合には、厳密な学問的な意味における真偽の見極めではなく、それを前提として全証拠を総合して判断すると判示し、さらに審査の方針には、欠陥があり、判断基準それ自体に合理性を欠くと判示した。
 また、肝機能障害及び甲状腺機能低下症の放射線起因性を明快に肯定した。さらに、4キロメートル、5キロメートル及び120時間以降の入市のがんについても放射線起因性を認めた。一審原告の一人については、我々の主張が認められなかったことは残念であるが、今後の解決交渉の中で救済を図りたい。

3 河村建夫官房長官は,かねてから「東京高裁判決が一括解決のタイムリミット」と述べ、厚生労働省も,「原爆症認定集団訴訟と認定基準の改定に関して,5月末までに予定されている大阪高裁判決、東京高裁判決などの司法判断を踏まえて最終的な判断をする」と明言してきた。
さる4月5日、アメリカのオバマ大統領は、核兵器を使用した国としての道義的責任にふれ、核の無い世界に向け行動することを明言した。被爆国日本としては、病気や差別とたたかいながら身をもって原爆被害を告発した集団訴訟の原告・被爆者の声をうけとめ、被爆の実態に即した原爆症認定制度を確立し、世界に核兵器の残虐性を示すことが求められている。
 集団訴訟の提訴以来すでに68名の原告が亡くなっており、病弱な被爆者にもはや時間はない。

4 本判決は、審査の方針の再改訂と、訴訟の全面解決の指針を示したものであり、いまこそ国は裁判所の判断に従って全面解決に踏み出すべきである。我々は全員救済による訴訟解決を求めてこれから全力で闘う。各位の支援を心からお願いする。

以上



posted by 東京反核医師の会 事務局 at 23:59| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【原爆症認定訴訟】座り込み激励

厚労省前座り込み激励

星稜会館での全国集会後、日比谷公園の座り込みが行なわれているテントに移動。

原告団の方にカンパをお渡ししました。
写真は左から渡辺先生、土岐先生、竹山先生。
なお、谷川先生も途中までいらしたのですが、時間のご都合でこのときはご不在でした。


一刻も早い全面解決を求めて、少しの間ですが座り込みしています。
通り掛かりの方からも「報道を見ました。頑張ってください」激励の声が掛かります。

事務局:イチカワ

お疲れさまでした!
テントで、座り込み行動の皆さんと。

東京反核医師の会 本日の参加者
会員・・・・・渡辺先生、土岐先生、竹山先生、谷川先生
事務局・・・・・中村、市川、盛、杉浦、戸井田
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:27| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【原爆症認定訴訟】院内集会&全国集会

090528_1525~0001.jpg
衆議院第2会館で行われた国会内集会には入れ替わりに15人以上?の国会議員さんが出席されました。

引き続き、星陵会館で全国集会。
全国の原告が一同に登壇されてスピーチの最中です。



父を返せ
母を返せ
にんげんを返せ


みんなで歌を歌っていたら、急に涙が出そうになりました……。


事務局 モリ

 
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 15:29| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【原爆症認定訴訟】記者会見

090528_1055~00010001.JPG


記者会見に向け、準備を進める原告・弁護団です。
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 11:01| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【原爆症認定訴訟】裁判所の前で

谷川智行先生


谷川先生に反核医師の会の旗を持っていただきました!
ありがとうございます☆





事務局:イチカワ







  
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 10:55| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする