★原水禁2018年世界大会 in 広島★
8/4〜6、現地からのレポートはこちら

2019年01月07日

1月12日(土)映画上映会&アフタートークのご案内

映画上映会「いのちの岐路に立つ〜核を抱きしめたニッポン国」&樋口健二さんトークのご案内です。
日時 2019年1月12日(土)18:30〜
   ※報道写真家・樋口健二さんのアフタートークあり
会場 武蔵野スイングホール 2F
   〒180-0022 東京都武蔵野市境2丁目14番1号
   JR中央線「武蔵境駅」北口下車 西へ徒歩2分
   地図→http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/swing/access.html
料金 当日券 1500円
   前売券 1000円
定員 180人
主催 映画「いのちの岐路に立つ」武蔵野上映委員会
※「いのちの岐路に立つ〜核を抱きしめたニッポン国」
監督・編集 原村政樹
語り 中村敦夫
2017年/110分
公式サイト:https://inochimovie.wordpress.com/
・出演
堀江 壯 「伊方原発運転差止広島裁判」原告団長、広島の被爆者。
伊藤正雄 「伊方原発運転差止広島裁判」原告副団長、広島の被爆者。
西岡 洋 長崎で被爆。丸木位里、俊の「原爆の図」巡回展にかかわる。
大石又七 第五福竜丸乗組員として、ビキニ環礁での水爆実験に遭遇し被爆。
藤本陽一 元東大原子核研究所教授、早大名誉教授。
加藤哲郎 一橋大学名誉教授、元早稲田大学客員教授。
樋口健二 日本写真芸術専門学校副校長、原発労働者たちの被曝を追い続ける。
梅田隆亮 敦賀原発等の労働で被曝し福岡高裁で法廷闘争中。
椋本貞憲 徳島県阿南市の「蒲生田原発」建設阻止のリーダー。
太居雅敏・英征親子 阿南市椿泊の漁師。
関千枝子 旧制女学校2年生のとき広島で被爆。フリーのジャーナリスト。
―あの福島第一原発事故から6年。避難地域の解除が進む中で、
放射能の「緩慢なる脅威」 がひろがり、原発崩壊が故郷崩壊に連鎖していく。
“唯一の被爆国”を喧伝して敗戦72年を迎えた。ヒロシマ・ナガサキの被爆死者214,000人。
ビキニ水爆実験による船員たちの被爆、原発労働者の被曝がつづく。
なぜ、原発再稼働にこだわり、核による厄災を繰り返すのか。
かつて「原発立地を断念させた町」でバイブルになった『原発黒書』
(1976年・原水爆禁 止日本国民会議発行)には、放射能汚染の実態をふまえ、
「想像を絶する最大想定事故」が、まるで福島第一原発の過酷事故をなぞるように
「冷却材喪失事故の進行過程」をメルトダウン、水素爆発等を生死刻々の迫真力で記し、
“核時代を生きる”覚悟を問う。
今や、放射線危険管理区域マークが日本列島におおいかぶさっている。
保守・革新やイデオロギー、老若男女を問わず、だれもが「いのちの岐路」に立っている。―

いのちの岐路に立つ〜核を抱きしめたニッポン国.jpg



posted by 東京反核医師の会 事務局 at 10:14| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

ミュージカル「はだしのゲン」のご紹介

ミュージカル「はだしのゲン」
東京公演・関西公演・東北公演が下記の日程で行われます。
以下、チラシをご紹介します。

○東京公演 全労済ホール/スペースゼロ(新宿)
4月3日(水) 19:00
4月4日(木) 14:00
4月5日(金) 14:00
4月6日(土) 13:00/17:00★アフタートーク開催予定
4月7日(日) 13:00

○関西公演
4月13日(土) ピッコロシアター  14:00
4月14日(日) 京都府立府民ホール アルティ 14:00

○東北公演
4月27日(土) 石巻市遊楽館かなんホール 14:00
4月28日(日) 南相馬市民文化会館ゆめはっと 14:00

木山事務所制作のミュージカル「はだしのゲン」は、1996年の初演から2013年まで、リニューアル再演を重ね、
日本全国各地公演のほか、ニューヨーク、モスクワ、ポーランド3都市、ソウルなどの海外公演も含め、
上演回数は436ステージにのぼります。今回はPカンパニーとして、あらためて平和の尊さ、
命の尊さを未来に伝えていくべき演劇作品として、装いも新たに上演することにしました。
あらゆる世代に、ともにご覧いただける作品です。ぜひ、劇場にいらして下さい。

前売り開始:2019年1月23日(水)
Pカンパニー:03-6808-5306

はだしのゲンミュージカル.png

はだしのゲンミュージカル2.png


posted by 東京反核医師の会 事務局 at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

3.10被爆医療福島シンポジウム(第3回)‐事故より8年、福島の現実と課題‐のご紹介

2019年3月10日(日)に第3回被爆医療福島シンポジウムが開催されますので
ご紹介いたします。

・日時 2019年3月10日(日)午後1時〜
・会場 コラッセふくしま4階 多目的ホール
・講師 矢ヶ崎 克馬 氏(琉球大学名誉教授)
     ※物性物理学 認定原爆症集団訴訟で証言
       著書に「地震と原発今からの危機」「内部被爆」「隠された被爆」
     渡辺 瑞也 氏(元小高赤坂病院院長)
     ※日本精神神経学会理事 新地クリニック理事長
       著書に「『核惨事』−東京電力福島第一原子力発電所過酷事故被災事業者からの訴え」
     キム イクチュン 氏(韓国東国大学)
     ※前原子力委員会委員 反核医師の会運営医院
・呼びかけ人 
     布施 幸彦 氏(ふくしま共同診療所院長)
     杉井 吉彦 氏(本町クリニック院長)
     平岩 章好 氏(ふくしま共同診療所医師)
     湊   明    氏(ふくしま共同診療所医師)
     深谷 邦男 氏(本町クリニック理事)
・当日参加費 医師2000円、一般1000円、学生500円
・シンポジウム連絡先 
     本町クリニック事務局 電話 042-324-9481
     (東京都国分寺市本町2-7-10 エッセンビル2階)
     ※ふくしま共同診療所(024-573-9335)でも受け付けしています。
               



posted by 東京反核医師の会 事務局 at 15:50| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

ホワイトハウスへ 辺野古の新基地建設作業停止を求める電子署名活動はじまる

 米大統領に、来年2月に予定されている県民投票まで、名護市辺野古の新基地建設作業の停止を求める電子署名活動が、ホワイトハウスの請願書サイトで始まっています。
 8日に開始後、約21,046 筆(14日午後9時30分時点)が集まっています。30日以内(来年1月7日まで)に10万筆が集まれば、ホワイトハウスが請願内容など対応を検討するとのことです。

 請願書を呼び掛けたのは、ハワイ在住の沖縄系4世の作曲家、ロブ・カジワラさん。同サイトで、日本政府や在日米軍は沖縄の人々の意思を無視しているとし、「作業を容認すれば、沖縄県民の反米感情は確実に高まり、米国と沖縄の関係は永久に損なわれる」と訴えています。

署名のウェブサイトは以下のとおりです。簡単な手続きで済みますので、ご協力いただける方はどうぞ。

https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa


※名前とアドレスを入力して「Sign Now」をクリックしただけでは、署名はまだ終わっていません。
入力したアドレスにメールが来るので、それを開いて「Confirm your signature by clicking here」
をクリックして初めて署名完了です。ご注意ください。

※辺野古基地建設の違法な土砂投入につきデニー知事のコメントが沖縄タイムスに掲載されているのでご紹介します。

 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/359306

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 21:39| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

2019年3月23、24日 NO NUKES 2019 のご案内


音楽家の坂本龍一氏がオーガナイザーを務め、「脱原発」をテーマに掲げた『NO NUKES』が2年ぶりに、2019年3月23日(土)、24日(日)の2日間にかけて開催されますので、ご案内します。単なる音楽イベントではなく、様々なアーティストが自らの声でメッセージを発する会でもあります。
詳細は以下のとおりです。ご興味のある方はぜひどうぞ。

日程:2019年3月23日(土)・24日(日)
23日(土) 開場 12:00/ 開演 13:00
24日(日) 開場 12:00/ 開演 13:00
会場:豊洲PIT(東京都江東区豊洲6丁目1-23)
主催:NO NUKES事務局
企画制作:ロッキング・オン・ジャパン/キャブ
制作協力:ディスクガレージ
お問い合わせ:info@no-nukes.jp
チケット
3/23 1日券 \4,900 3/24 1日券 \4,900 2日通し券 \8,500
※消費税込 ※6歳未満入場無料(保護者同伴に限る)※オールスタンディング ※別途ドリンク代\500
※出演者の変更、キャンセルに伴う払い戻しは一切いたしません。
ウェブサイトはこちら→http://no-nukes.jp/
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 17:30| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

ティルマン・ラフ氏(IPPENW共同代表・iCAN共同設立者)

核兵器の医学的、環境的影響の検証をしています。
IMG_20181104_094236-4940a.jpg
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 09:48| Comment(0) | 2018年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2日目 記念講演

開会にあたり森崎正幸長崎県医師会長の来賓挨拶です。
1541291614103114081794544939735.jpg
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 09:34| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

懇親会が開始されました

多いに学習し、多いに楽しむ。それが反核医師の会の活動と本田先生から挨拶がありました。
IMG_20181103_183226.jpg
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 18:34| Comment(0) | 2018年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎高校生平和大使

長崎高校生平和大使4人が活動などを報告しています。
IMG_20181103_161603-5c53f.jpg

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 16:36| Comment(0) | 2018年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎原爆・残留放射線 abccの分厚い壁

長崎県保険医協会会長の本田孝也医師の報告。被爆地域外の原爆投下後のマンハッタン調査団、abccの調査について、西山地区の黒い雨訴訟について報告しています。
IMG_20181103_153910.jpg
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 16:07| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被爆体験者聞き取り調査の報告

被爆体験者聞き取り調査について長崎民医連の松延栄治氏の報告です。遠方で被爆した方々は被爆者健康手帳を貰えず、精神疾患とその合併症のみ対象となる「被爆者体験者精神医療受給者証」が与えられている。
長崎民医連では、被爆体験者の被爆時やその後の健康状況などを調べ、非被爆者と比較することで被爆体験者の健康影響こ検証をしました。
IMG_20181103_145036.jpg
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 15:04| Comment(0) | 2018年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中重光氏:長崎被爆体験講話

爆心地から6キロ離れた時津で被爆した田中さん。国民学校などに被爆者が1750人運ばれたが、そこでの悲惨な状況を話しています。
IMG_20181103_135922.jpg
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 14:21| Comment(0) | 2018年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国反核医師のつどいin長崎が始まります

11月3、4日に開催される全国反核医師のつどい。今年は長崎県の原爆資料館ホールで開催されます。
今回は被爆地長崎での開催ということで、被爆体験や残留放射線問題、原爆症認定のほか、高校生平和大使に核兵器禁止条約と幅広く学習します。
また齋藤紀医師(福島わたり病院)から福島県の現状について報告されます。
IMG_20181103_130805-944a9.jpg
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 13:25| Comment(0) | 2018年全国反核医師のつどい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

声明『復興庁発行「放射線のホント」に抗議する』

復興庁発行の冊子「放射線のホント」に対し、東京反核医師の会は10月4日付で標題の声明を内閣総理大臣、復興大臣、厚生労働大臣、および各所へ送付しました。

復興庁発行「放射線のホント」に抗議する

 2018年3月30日、復興庁は冊子「放射線のホント」を発行しました。復興庁によれば同冊子は「広く国民一般に対して、放射線に関する正しい知識の情報発信等を一層強化する」ことを目的としており、2017年12月に策定された「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」を元にしていますが、その内容は科学的に極めて不正確かつ不誠実で、リスクコミュニケーションとしても破綻しています。具体例を2点挙げます。

1)同冊子では「100〜200ミリシーベルトの被ばくでの発がんリスクの増加は、野菜不足や塩分の取りすぎと同じくらいです」と述べています。
 しかし、放射線被ばくと生活習慣とでは、曝露した期間や、観測する期間が異なっており、比較対象としては不適切です。資料の出典である国立がん研究センターのウェブサイトにも「放射線は、原爆による瞬間的な被ばくであり、長期にわたる被爆の影響を観察したものではありません。工場労働者のダイオキシン被ばくや生活習慣については、比較的長期にわたる曝露の影響をみているという違いも留意する必要があります」と断り書きがあります。そもそもリスクコミュニケーションの分野において、関係のないリスクを持ち出して対比することは、誤解を招き、許容されない手法とされています。

2)同冊子では「日本は世界で最も厳しいレベルの基準を設定して食品や飲料水の検査をしており、基準を超えた場合は、売り場に出ないようになっています」としています。しかし、市民グループ「放射線被ばくを学習する会」の指摘によれば、飲料水の米国の基準は、1キロあたり4.2ベクレル、EUでは8.7ベクレルと、日本の10ベクレルより低く、この記述は誤りです。厚労省も2018年8月9日にデータの誤りを認めていますが、復興庁は間違った記載はないとして、いまだに訂正を行っていません。

 根本的な問題は、東京電力や国が最大の加害者であり、住民が被害者であるという事実認識が欠如していることです。同冊子の主張は、人々の健康や暮らしへの不安を風評被害と言い換え、加害者側に都合良く歪めた「科学的知識」を広めるもので、被害者の分断や差別・偏見を強化するものと考えます。
 東京反核医師の会は、同冊子に強く抗議するとともに、被災者の生活と健康を守り自己決定権を尊重する、本来のリスクコミュニケーションに立った施策を求めます。

2018年10月4日

核兵器廃絶・核戦争阻止 東京医師・歯科医師・医学者の会(東京反核医師の会)

代表委員  向山 新、 矢野 正明、 片倉 和彦

posted by 東京反核医師の会 事務局 at 14:08| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

10/14市民公開講座「沖縄と憲法9条」(お話し:稲嶺 進 前名護市長)のご案内

千葉県保険医協会/九条の会・千葉医療者の会/千葉県民主医療機関連合会 の共催で、
下記のとおり市民公開講座が開催されますのでご紹介いたします。稲嶺進前名護市長のお話を聞ける貴重な機会です。ご関心のある方はぜひお申込みください。

【日程】2018年10月14日(日)午後2時〜4時
【会場】千葉商工会議所 第2ホール
(千葉県千葉市中央区中央2−5−1千葉中央ツインビル2号館14階 TEL043-227-4101)
【講師】稲嶺 進 氏(前名護市長)
 沖縄の米軍基地負担軽減を大義名分に、普天間飛行場の辺野古移設を地元の民意を無視し、強権発動で抗議市民を強制排除・拘束を繰り返し、恣意的な法解釈のもと違法工事を強行するこの国に三権分立は機能しているのか。民主主義と地方自治の危機が端的に表れているのが「辺野古・高江」である。基本的人権をさえ守られず、憲法番外地とも言えるこの現実は、果たして沖縄だけの問題であるのかを問うている。
【入場料】無料/要事前申し込み
【申込み・問合せ】千葉県保険医協会
TEL:043-248-1617 FAX:043-245-1777
E-Mail:chiba-hok@doc-net.or.jp

20181003172523-0001.jpg
















【共催】千葉県保険医協会/九条の会・千葉医療者の会/千葉県民主医療機関連合会
【後援】反核医師の会ちば
posted by 東京反核医師の会 事務局 at 17:10| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする